スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後の骨盤がゆがみやすいのはなぜ?

taiji.jpg
妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンには全身の靭帯の結合を緩める作用があり、
これが分泌されることで骨盤の結合がゆるみ、
赤ちゃんをスムースに出産することが可能になります。

しかしリラキシンの分泌は、出産後
すぐに収まるわけではありません。
少なくとも産後数ヶ月間は
リラキシンの影響を受けて、
骨盤の結合がゆるんでいる状態が
続いています。

その状態で妊娠~出産前のいつも通りの生活を
繰り返してしまうことで周囲の筋肉が無意識
のうちに骨盤に対して負荷をかけてしまい、
結果としてさらに骨盤の歪み(アンバランス)
を助長してしまいます。


つまり、産後骨盤のゆがみは・・・

「出産したから」

ではなく

骨盤がゆるんでいる時に周囲の筋肉の悪影響をうける」

ために生じるのです。


-------------------------
町田の交通事故治療・整体なら 
【ボディメンテナンスKeiwa整骨院】

住所:〒194-0041 町田市玉川学園2-11-21-3F
電話番号:042-738-3150
定休日:日曜日・祝日
営業時間:14:00~22:00
-------------------------


玉川学園前の
整体!ボディメンテナンスKeiwa ホームページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。